ISBN-10: 4479391932

タイツくん 哀愁のジャパニーズドリーム(松岡宏行さん著)を読みました。

タイツくん哀愁ジャパのジャケット

ワタシは別に取り立てて本を嫌いなわけでもないですが、
本の虫でもありません。
増してや、本の感想文というか、
人様に本をお勧めするような技量は、あまり兼ね備えてないように思います。

感想文というと、どうも学生時代を思い出してしまい、
先生に読んでもらうものといった感が否めず、
つい、カクカクっと四角く、かしこまってしまうのです。
けれど、今日はちょっと真面目に、書いてみます。

————————

実体験を自分以外の第三者とシェアするというのは、
それなりの覚悟というものが必要で、
極自然に、「自分の切り身」のようなものを、さっと相手に差し出すような、
ありのままを伝えるとなると、「ぐっ」と本気が必要になる。
腹を割って話す、なんて言葉が一番近い、
そんな「ぐっ」だろう。
この本は、そんな至近距離の本だった。

会社設立に至るまでの前段階の時代は、とてもお世辞にも楽しい時代には映らない。
読んでいる自分からしてみれば、実に「ひー、苦しそう!」であり、
無責任にも「がんばれ!」という立場に回ってしまう。
もちろん会社ができてからも、山あり谷ありだ。

でも、その一歩一歩、松岡さんが踏んできたステップ、
選んだステージで、すべて共通しているのは、必ず何かを掴んでいて、
遠回りしていたとしても、次に確実に繋がっていることだ。
世の中、必然というもので、事いう事が繋がっている。
このからくりに気がついた人は、とても強い。

何が大切で、失ってはいけないのか、それでも失ってしまうものもある。
そんな時は、そこからどう動くのか。
仕事だけではなくて、私生活でも、常に選択に迫られ続ける。
その度にフル回転する彼のロジックも、
時を経てどんどん成長し、変化をし続ける。読み進むにつれ、
その変化が読み手の我々の肌で分かるようになってくる。
そして、本が終わるころには不器用そうな、生きることが決して上手そうには見えない、
この本の主人公が、「ああ、この人は生きることにセンスのある人だ」に変わっていた。

あと忘れずに書いておきたいのは、結婚するって、悪くないなって思った。
パートナーを持つという意味で。ワタシはバツ一なので(うひゃー!言った、言った!!)、
結婚に纏わる素敵な面も、苦い面も両方知っているつもりだ。
正直、結婚は、現実として自分の選択にはもう入れる必要がないかな?と思っていたぐらいだった。
でも、本を読んでいたら、なんだか、ここまでがんばれるパートナーが傍にいたら
結婚も可能性として残しておいてもいいかも、と思考が傾いた。
(自分でも、ちょっとびっくりしたんであるが!)

私は、この本を自分が今、一番大切な人にプレゼントした。
彼は、まだこの本を読んでいない(と、思う)。ちゃんと読んでくれるのか、
また、読んだ後彼がどう思うのか正直なところドキドキなのだが、
小さな会社のオーナーとして、またクリエーターとして試行錯誤している彼に、
何かが伝わったらいいな、と思って・・・

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *