ネネの記録(1−9)

久しぶりにネネのことを書いておこう。

ネネはイタズラの天才である。

以上。
とするとたった3行で終わってしまうので、もうちょっと頑張ってみるか。笑

ネネの靴への執着は続いている。
だめにされた靴は、いまのところ一足であるが、

  • だめにされる前(かろうじて歯型がついた程度でまだ履けると信じられる状態)の靴が一足。
  • だめに既になっているようの見られるが、sentimental reasonに縛られて未だに手放せていない、履いているサンダルが一足。
  • 客人用のスリッパからネネのおもちゃにダウングレードされたものが一つ。

前出の3足は全て皮。
スリッパは皮ではないが、噛み心地が良いと思われる麻紐で編んだもの。
どちらも独特の香りがあるんだろう、な。ふむ。

跳躍力は日々増している。
飛びまくって、ネネは半分猫説に説得力がでてきた。笑

湿気の多い日に家の中に入ってきてしまうダンゴムシ(Roly Poly)らしき小さな虫。
あれを見つけるのが上手い。
じーっと床を見つめている時は、あの虫が床を歩いている時だ。
5月と6月が一番多くでるらしく、まさに旬のゲスト?笑

ということで、ネネの令和と5月は、
虫探しで幕を開けた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *