Weekend Jazz Meetup #113(前半)

6月30日(日)前半にお届けした作品:

1. Michika Fukumori/ Summer Night(2008年のアルバム「Infinite Thoughts」から)
2. Akemi/ My Shining Hour(2015年のアルバム「Ta Bi Ji – My Journey」から)
3. Yuto Mitomi & Yuto Kanazawa/ Stella By Moonlight(2017年のアルバム「Utopia」から)
4. Chiemi Nakai & Emmanuel Bizeau/ The Flying Gray Cat(2008年のアルバム「Bridges」から)
5. Akihiro Yoshimoto/ Helicolenus Hilgendorfi (2019年のアルバム「Nostalgic Farm」から)
6. Mamiko Taira/ Blue In Green(2012年のアルバム「and it begins」から)
7. Jun Furuya – The Otherside Quartet/ Southbound(2017年のアルバム「Southbound」から)
8. Mamiko Watanabe/ Caipirinha(2017年のアルバム「Flying Without Wings」から)

後半も引き続きWeekend Jazz Meetupをお楽しみください。

Subscribe “Weekend Jazz Meetup” on Apple Podcasts
https://podcasts.apple.com/us/podcast/weekend-jazz-meetup/id1252313218

Weekend Jazz Meetup #113(後半)

6月30日(日)後半にお届けした作品:

9. Yuka Mito/ Cheek To Cheek(2011年のアルバム「Time After Time」から)
10. Shun Sakai & The Long Goodbye/ Cheek to Cheek(2015年のアルバム「花巻農学校精神歌」から)
11. OKB Trio/ Milena(2018年のアルバム「The Ing…」から)
12. Yoko Suzuki/ The Master Of Fate(2012年のアルバム「Swift and Courageous」から)
13. Erika Matsuo/ Tudo Que Voce Podia Ser (2015年のアルバム「Nostalgia」から)
14. Coalescence/ The Dash(2019年のアルバム「Coalescence 2」から)
15. Eishin Nose & Satoshi Takeishi/ Kuba (Live)(2012年のアルバム「The Gate, 2012 Live in Shibuya」から)

では、来週もお楽しみに!

* Apple Podcastsの登録、Siriを使うと簡単です!
Subscribe Podcast Weekend Jazz Meetup!ってSiriに言うと、これですか〜?って感じで引っ張ってきてくれるので、Subscribeしちゃいましょう!次に聴く時は、Play Weekend Jazz Meetup!って言えば、アプリを立ち上げなくてもオッケー。尚、Apple Podcastsでお聴きいただくバージョンは、放送終了後に編集、データを送信する時間を要するので、数日後に公開になりますことご了承ください。

Follow “Weekend Jazz Meetup” on Mixlr
http://mixlr.com/mamita24/

Subscribe “Weekend Jazz Meetup” on Apple Podcasts
https://podcasts.apple.com/us/podcast/weekend-jazz-meetup/id1252313218


Follow Mamiko Taira on Facebook

https://www.facebook.com/mamikomusic/

ピクニック用の小さいテーブル

最近、NY Philの野外コンサートに行った話はブログにも書いたが、
それに合わせて、ピクニック用の折りたたみテーブルを買った。
Trekologyという会社のポータブルキャンピングサイドテーブルという、
テーブルトップがアルミ出て来ている軽い代物ものである。
サイズは一番小さいサイズで、値段も30ドルちょいぐらい。

なんで買ったかと言えば、
今までのピクニックだと、シートを敷いて、
シートの中央に食べるものを並べて、
それを囲むように人が座る、という格好だったが
犬を連れて行くことにした時点で、
食べ物を犬と同じ高さに奥のは
犬にとってもよくないし、
ひょっとしたら一緒に行く人も衛生面を気にするかもしれないと思ったからだ。

買ってみてどう思ったか、単刀直入に言えば、
「なんでもっと早くに買わなかったんだろう?」
と思ったぐらい、買ってよかった!
なぜか?
テーブルの下に、余分に持参した飲み物や、すぐに出さない食べ物などを
置いて置けるので、スペースが倍になったような気がしたし、
体制的にも腰に負担がかかりにくい(前屈みにならないですむ?)。
もちろん、犬に届く高さではあるけれども、
やっぱりテーブルの上のものは食べちゃいけないって感覚が犬にもあるから
そういう意味でも自制が効いている気がしたし、
トドメとしては、このブルーが、なんかカワイイのである(そこか〜!?)。

唯一の難点を言うなら、テーブルトップをつなげているのが
ゴム紐なところ。
太めのしっかりとしたゴムの張力で成り立っているんだが、
いくらしっかりとしたゴムであっても、ゴムはいつの日かは摩耗して
伸びてしまうから、一生物みたいな感覚での購入はしない方がいいと思う。
けれど、とても単純な作りなので、ゴムが伸びたら、違うゴムで補修というのは
可能性としてありそう。

ピクニック好きの方には、断然お勧めしちゃいます。

ネネの記録(1−11)

週末は大体、一旦、平日通りのノリで起きてから
ネネに餌をやって、大体ベッドに逆戻りするのが常なんだが、
ネネ的には、餌を食べて元気一杯、
一緒に起きていてほしい、ってところなんだろう。
大体、ワタシが二度寝落ちしたり、
起きてはいるが、デスクに向かって何か始めると
洗濯物の袋(もちろん洗濯前のものが入っている袋)から
下着を2、3枚出して来て、これ見よがしに遊ぶ。
酷いときは、下着を加えて、大興奮で部屋中を走り回って
最大限のアピールをする。
起きないわけにはいかない。
仕事をする手を止めなくてはいけない。
と、まんまと作戦にハメられるのである。

という話をすると、この写真の顔が
相当な悪に見えてくるよね。

Weekend Jazz Meetup #112(前半)

6月22日(土)前半にお届けした作品:

1. Nobuki Takamen/ A Long Way Ahead (2012年のアルバム『Three Wishes 』から)
2. Noriko Ueda/ Bohemia After Dark (2015年のアルバム『Debut』から)
3. Akihiro Yoshimoto/ Yuganda Sankaku (2019年のアルバム『Nostalgic Firm』から)
4. Toru Dodo/ Class Action (2002年のアルバム『Dodo』から)
5. Ayako Shirasaki/ Peace of Mind (2013年のアルバム『Some Other Time』から)
6. Akiko Tsuruga/ Funky Girl (2014年のアルバム『Commencement』から)
7. Akiko Pavolka/ Wave, Wave Goodbye (2017年のアルバム『Late Parade』から)
8. Yasushi Nakamura/ Hey It’s Me You’re Talking To (2017年のアルバム『Hometown』から)

後半も引き続きWeekend Jazz Meetupをお楽しみください。

Subscribe “Weekend Jazz Meetup” on Apple Podcasts
https://podcasts.apple.com/us/podcast/weekend-jazz-meetup/id1252313218

Weekend Jazz Meetup #112(後半)

6月22日(土)後半にお届けした作品:

9. Jun Furuya/ Green Hill (2009年のアルバム『Exprimo』から)
10. Mamiko Taira/ Akai Fuusen (2015年のアルバム『Heart’s Calling』から)
11. Jun Furuya – The Otherside Quartet/ Jacqueline and Paul (2017年のアルバム『Southbound』から)
12. Mari Koga/ Invitation (2014年のアルバム『Perfect Blue』から)
13. Miho Nobuzane/ Moonlight Serenade (2014年のアルバム『Simple Words (Jazz Loves Brazil)』から)
14. Daisuke Abe & Kuriko Tsugawa/ Dewa Mata (2019年のYoutube Sessions・アーカイブから)
15. Michika Fukumori/ The Seasons: The Days We Were Smiling (Summer) (2018年のアルバム『Piano Images』から)

では、来週もお楽しみに!

* Apple Podcastsの登録、Siriを使うと簡単です!
Subscribe Podcast Weekend Jazz Meetup!ってSiriに言うと、これですか〜?って感じで引っ張ってきてくれるので、Subscribeしちゃいましょう!次に聴く時は、Play Weekend Jazz Meetup!って言えば、アプリを立ち上げなくてもオッケー。尚、Apple Podcastsでお聴きいただくバージョンは、放送終了後に編集、データを送信する時間を要するので、数日後に公開になりますことご了承ください。

Follow “Weekend Jazz Meetup” on Mixlr
http://mixlr.com/mamita24/

Subscribe “Weekend Jazz Meetup” on Apple Podcasts
https://podcasts.apple.com/us/podcast/weekend-jazz-meetup/id1252313218

Weekend Jazz Meetup Pinterest “Track List” Board
https://www.pinterest.com/mamita24/weekend-jazz-meetup-track-list/

Follow Mamiko Taira on Facebook
https://www.facebook.com/mamikomusic/

遅い朝、誰かの携帯、きよみさん、スキャン・エラー

昨日の話。

夏の金曜日は、比較的ゆっくりと仕事ができるので、
気持ち遅めに家を出て駅に向かって1ブロック歩いたところで
誰かが落としたAndroid系の携帯を拾ってしまった。
携帯を拾った時のワタシのキョロキョロしている姿は
誰しもに挙動不審に映ったに違いない。

携帯は、幸いスクリーンロックはかかっていなかった。
どのぐらいの間ロックされないでいるのかなあ、
いや、それよりも先ず、オーナーの名前や他の連絡先を探さなくちゃ!と、思い、
iPhoneの感覚で設定のアイコンを探すが全く見当たらない。
焦る。焦りまくった(笑)。
何を隠そう、このワタシ、Androidの電話を操作したことがない。
おまけに、いくら遅い朝とはいえ、朝は朝。
脳みそはフル稼働に程遠い。
取り敢えず歩こう。駅についたら電車を待つ間に考えよう!
という無難な案を自分に提案。

地下鉄を待つホームで連絡先探しをするが、
どこを探してもオーナー情報が書いてあるセクションが見つからない。
GmailのアプリやらMessenger系のアプリがあったが
それを立ち上げてメールするのは抵抗があったので、
Facebookのアプリを立ち上げて、持ち主の名前確認をした。
で、今度は自分のiPhoneのFacebookを開いて
彼女のウォールの一番新しいポストに書き込み。
彼女自身か、彼女の友人が見てくれるだろうという予測で。
移動中に打てる手立てはこんなもんだろうと思い、
一旦、携帯をバッグに収め、地下鉄に揺られ一路仕事場へ。

仕事だったし、つきっきりになるわけにもいかないので
暫く反応を待ったが、どうも効果がなさそうなので、
思い切って、携帯の主の電話履歴を見て、
トップに出てくる頻繁にかける相手6人のうちの誰かに連絡を入れることにした。
6人リストされているんだが、登録名が一番詳しい人で
教会の○○○と女性らしき人に連絡することにした。
教会に一緒にいく人だし、トップ3に上がってくる名前だから
とっても仲良しに違いない!と勝手に判断したわけだ。笑
教会の彼女は出なかった。
留守電にメッセージを残して連絡がくるのを待つことに。

仕事場の電話番号を残したのだが電話はならず、
午後になって急に拾った携帯が鳴りだした。
でも、それが誰だかわからないから無視したら
また鳴ったので、もしかしたらと思って出たら本人だった。
夕方に家の近所で受け渡す約束をし、
午後の約束へ。(約束から約束のリレー?笑)

旧い友人の山上ちゃんからの紹介で、
神谷きよみさんに会ってお茶をした。
日本でシンガーソングライターとして演奏活動をしていた彼女が
音楽療法の勉強でNYにいるという話は以前、山上ちゃんから聞いていて
機会があったら会いましょうという話があったのにも関わらず
実現するまでに、それなりの歳月が流れ今日という日に至ったのだが、
お会いできてよかった!!
とてもおっとりして、愛らしい方でした。

2時間ぐらいぶっ続けでおしゃべりをし、
写真を数枚撮影した後、再会を約束し、
きよみさんはNY散策へ、ワタシは残されたミッションの携帯を渡すため
家に帰りました。

冷蔵庫の前でハシャグ謎の東洋人二人組

4時半頃に持ち主から連絡が入るという段取りだったので、
4時半ちょい前に無事に戻りスタンバイ。
で!なかなか電話がこない。笑
やっと鳴ったのが5時近く。
で、家の近くまできたら、また電話をくれるという。
5時45分ぐらいだっただろうか?電話があって
後、1ブロックぐらいで到着するからというので
約束の近所の角まで出た。
暫くして車がやってきてご本人とそのご家族が登場。
いたく感謝されて、無事に携帯を引き渡した。
パチパチパチパチ〜。

せっかく外に出てきたから、Targetでネネ用品の買い足しをしようと
Atlantic Terminalへテクテク歩いていった。
最近は、TargetもCVSもセルフサービスチェックアウトの端末が浸透していて、
ワタシもよく利用する。昨日も例に漏れず利用したんだが、
調子よくスキャンしていたら、連続して「係員が来るまでお待ちください」の画面
(要するにアイテムがスキャンできませんってエラーメッセージ)が出た。
両方ともTargetの自社ブランドだったのが笑えるが、
フロアスタッフの女性がとても親切で救われた。(親切じゃない人もいるからね!)
彼女が、次の商品もエラーでたら、それは無料で持って行っていいわよ、とか言っていた。
もちろんエラーは出なかったんだけれども。
ちょっと残念?笑

とまあ、今、こうして「昨日のこと」として書き出すと
なんてことはないじゃん!と思えるんだが、
金曜日の真っ只中にいた時は、そんな風にはとても思えなかったんです、はい。

Weekend Jazz Meetup #111(前半)

6月15日(土)前半にお届けした作品:

1. Groove Merchant/ I Have And She’s Lovely(2019年のアルバム「ichthyology」から)
2. Toru Dodo – JAfro/ Al “Jazzy” RA(2012年のアルバム「JAfro」から)
3. Akihiro Yoshimoto/ Optimistic Chair(2019年のアルバム「Nostalgic Farm」から)
4. Akiko Pavolka/ Night Talks(2017年のアルバム「Late Parade」から)
5. Daiki Yasukagawa/ Complex(2010年のアルバム「Trios」から)
6. Daisuke Abe/ Machine(2005年のアルバム「On My Way Back Home」から)
7. Double Bass Double Voice/ Black Eyed Dog(2015年のアルバム「Ribbon In The Sky」から)

後半も引き続きWeekend Jazz Meetupをお楽しみください。

Subscribe “Weekend Jazz Meetup” on Apple Podcasts
https://podcasts.apple.com/us/podcast/weekend-jazz-meetup/id1252313218

Weekend Jazz Meetup #111(後半)

6月15日(土)後半にお届けした作品:

8. Miki Yamanaka/ Monk’s Dream(2018年のアルバム「Miki」から)
9. Chiemi Nakai/ Monk’s Mood(2019年のアルバム「Ascendant」から)
10. Miki Hirose/ Resons(2013年のアルバム「Scratch」から)
11. Mamiko Taira/ Sometime Ago(2015年のアルバム「Heart’s Calling」から)
12. Coalescence/ Mars(2019年のアルバム「Coalescence 2」から)
13. Eishin Nose/ Rachmaninov Symphony No. 2 Adagio(2016年のアルバム「Heaven’s Dream」から)

では、来週もお楽しみに!

* Apple Podcastsの登録、Siriを使うと簡単です!
Subscribe Podcast Weekend Jazz Meetup!ってSiriに言うと、これですか〜?って感じで引っ張ってきてくれるので、Subscribeしちゃいましょう!次に聴く時は、Play Weekend Jazz Meetup!って言えば、アプリを立ち上げなくてもオッケー。尚、Apple Podcastsでお聴きいただくバージョンは、放送終了後に編集、データを送信する時間を要するので、数日後に公開になりますことご了承ください。

Follow “Weekend Jazz Meetup” on Mixlr
http://mixlr.com/mamita24/

Subscribe “Weekend Jazz Meetup” on Apple Podcasts

https://podcasts.apple.com/us/podcast/weekend-jazz-meetup/id1252313218

Weekend Jazz Meetup Pinterest “Track List” Board

https://www.pinterest.com/mamita24/weekend-jazz-meetup-track-list/

Follow Mamiko Taira on Facebook
https://www.facebook.com/mamikomusic/

Summer Friday Fun: NY Phil, Picnic, Fireworks

今年は、犬を連れて行きました。
最後の花火で、ネネが完全にFreakoutして
花火見物どころではなく(笑)。
首、胸元、腕と引っ掻き傷だらけになりました。
花火が終わっても、ネネはしばらく震えが止まらなく、
やっと帰るころに落ち着いて、
歩いて家まで帰りました。

偉かったな、ネネ。
往復、歩いたね。えらい、えらい!

Note:

New York Philharmonic “Concert In The Parks”
June 14, 2019 (at) Prospect Park, Brooklyn

Rossini
La gazza ladra: Overture

NY Phil very young composers showcases
2 short works

Copeland
Hoe-Down, from Rodeo

Rachmaninoff
Symphony No. 2 (Link is Adagio)