ネネの記録(1−12)

独立記念日の週はちょっとした連休で、
ワタシにとってもネネさん(うちの犬)にとっても楽しい週だった。
二度目のピクニックにも行ったし、
何気に来客も多かったし、
それより何より、一緒にいる時間が圧倒的に長かった。
でも、そんな連休明けの月曜日は、
どうポジティブに捉えようとしても無理な話で、
明らかにお互いに喜ばしくない。
犬に行っちゃうんだ〜って顔で見送られ、
仕事先でも犬のことを思う。
ああ、きっとお怒りで色々なものが破損しているに違いない、とか想像しちゃって(笑)。

連休明けでごった返すトレジョで買い物を済ませ、急いで帰宅。
まあまあな程度のイタズラ、
例えば、お風呂場におき忘れた黄色い拭き掃除用のタオルがリビングルームで発見されたりとか、
ゴミ箱から手を拭いたペーパータオルをとってきて噛みちぎったとか、そういう類。
そして、そんなイタズラをバックに全身で喜びを表現するネネに出迎えられた。

でも本当に驚きはその後にやってきた。
初めての嬉しょんだ。
うわー。うわー。
そんなに寂しかったのか!
そんなに嬉しいのか!
と嬉しょんに感動してしまう親バカなワタシ。

実は7/8の今日は、亡き父の誕生日でもあるが、
どうもネネの嬉しょん記念日に上書きされそうな勢いである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *