ネネの記録(2ー1)

ネネが我が家にやってきて、丁度一年経った。

出会った日の夜もとても寒かったね。
翌日に我が家にやってきた日も寒かった。
そして、一夜明けた最初の朝も寒かった。
ケンタッキーからやってきた夏生まれの君に、
ニューヨークの寒い冬は馴染むのか心配だった。

ほんの一年の付き合いだけど、
長く一緒にいるような気がするのは、
それだけお互いが馴染んでいるからなのか、
それとも人間の私の一方的な思い込みかな。
どちらにせよ、
君に怪我もなく、病気もなく
元気に育っているのが心から嬉しい。

君が何足私の靴を食いちぎろうと、
いくつのメガネを噛み砕こうと、
キルトにいくつ穴を開けようと、
君が大好きだ。

今年はどんな年になるんだろうね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *