About Mamiko

A New York based Japanese jazz vocalist, Mamiko Taira has been always a cloud pleaser. Author of “the Color of Water,” James McBride describes her “She is the kind musicians love to play with and audiences love to appreciate… she is a standout…” Her mentor, Mark Murphy quotes “She is a talent in the art of vocal jazz.” 

alfie fall 2014

Mamiko began studying music at the age of eight with a local piano teacher. At the age of sixteen, she went to a private music school to major piano studied with Fumio Itabashi. Itabashi noticed her vocal quality immediately and suggested her to be a singer. In 1988, she moved to Philadelphia to study Jazz Voice at Temple University. Eventually she emerged into the Philly music scene. After graduating in 1992 she performed in Philly until her return to Tokyo in the fall of 1993. Back at home she has performed extensively in the Tokyo metropolitan area between 1993 through 1998. In 1994 she won the grand prize at the Asakusa Jazz Festival Competition. She was invited to sing at the Manly Jazz Festival (Manly, Australia) in 1994 and 1996. In 1999, Mamiko moved to New York. She was a finalist at the Third Annual Jazzconnect Jazz Vocal Competition in 2002. Out of 197 singers from around the world, Mamiko took 3rd place. She also toured with James McBride group in 2003 visited 30 cities and 54 venues nationally. She continues to perform in New York vicinity and beyond.

In May 2012, she has released her debut album, “and it begins” from Japanese independent jazz label, D-musica. The album presents 9 songs including 2 Japanese pops performed with Toru Dodo (piano), who co-produced the album with her. Then, she began its CD release tour from Japan in October 2012 and concluded in New York Blue Note in January 2013.

The second leader album, “Heart’s Calling” came out in June 2015 from D-musica’s sister label, D-neo. This album was recorded in Japan with her Japanese quartet, Jun Furuya (piano), Daiki Yasukagawa (bass), and Ryo Shibata (drums) featuring Miki Hirose (trumpet), Akihiro Yoshimoto (saxes & flute) and Yuu Uesugi (trombone). It contains 10 songs in various musical settings from duo to septet. Japanese critics has raved about her creative approach and the band sound in “Heart’s Calling” as well as her musical uniqueness and growth. CD release tour in November was finished with success visiting 5 cities in 8 venues.

In January 2016, her debut album, “and it begins” was relaunched distributing in MP3 and now available through online retailers worldwide.

Mamiko is a legal resident of New York City, and available for performing opportunities in New York Metro area and beyond.


平 麻美子 (たいらまみこ)
フィラデルフィアのテンプル大学にてジャズを専攻。

在学時代からプロとして活動を始め、2002年度のジャズコネクト・ボーカル・コンペティションにて3位入賞。翌年にはジェームス・マクブライド(「母の色は水の色」著者、作曲家、サックス奏者) のグループの一員として全米ツアーに参加。

2012年にダイキムジカからリリースされたデビューアルバム『and it begins』は、百々徹(ピアノ)とのデュオアルバムで、同年のJazz Pageエディターが選ぶCDベストアルバム選のボーカルアルバムの10枚の中にも選出された2015年にリリースされた二作目『Heart’s Calling』は、古谷淳(ピアノ)、安ヵ川大樹(ベース)、柴田亮(ドラ ム)を中心に、広瀬未来(トランペット)、吉本章紘(サックス、フルート)と上杉優(トロンボー ン)を加え、デュオからセプテットまで様々な編成で録音。2016年春に熊本を襲った地震を受け て、大江千里が作詞、作曲した「KUMAMOTO」ではボーカルを務める。同年秋には大江千里 & Friendsの一員として第15回東京ジャズに参加。2017年の秋のツアー向けの特別企画として限定プレスのマキシシングル「secret」をリリース。

また音楽活動の一環として、ニューヨーク在住の日 本人ミュージシャンやニューヨークに所縁のあるミュージシャンの音楽だけに特化した、NY発のポッドキャスト番組「Weekend Jazz Meetup」を毎週配信。2008年にスタートしたジャズボーカリスト向けのワークショップ「Jazz Vocal 101 Workshop」も継続中。



セカンドアルバム『Heart’s Calling』レビュー各種はこちらをご覧ください。
http://mmkmmk.com/blog/2015/11/06/quote-list-dncd-07/



ファーストアルバム『and it begins』レビュー各種

『心地良い切なさを感じさせる孤高のヴォイスの持ち主。「グリーン・ドルフィン・ストリート」を聴いてしばし放心…。』山野楽器本店ジャズフロア・神尾氏(抜粋)

『自己のスタイルをもつ実力派であり、「Blue In Green」をここまで“うた”として表現できるシンガーは少ない。』CDジャーナル2012年6月号・試聴記 (抜粋)

『ありきたりのジャズ・ヴォーカルで終わらせていないところに将来性が感じられる。』
Jazz Japan 2012年6月号 レビュー(ライター・小川隆夫氏)(抜粋)

『初っ端のスローなテンポで歌う「On Green Dolphin Street」で意表をつかれる。「All Of Me」など聴くと初期のベティ・カーターをふと思い出してしまう。』
レコード・コレクターズ 2012年6月号(ライター・高田敬三氏)(抜粋)

『全体にスモーキーでダークな独特の歌い口、通常ミディアム・テンポで歌う”All Of Me”では超スローでブルージーに歌うなど強い個性を感じさせる。… 本格派シンガーの日本デビューだ。会心作。』Jazz Page レビュー (抜粋)

『独自の世界観で歌い上げる 実力派ヴォーカリストのデビュー作。中音域の深みのあるヴォイスで歌詞を噛みしめるようにじっくりと歌い上げ、特に器楽的なアプローチを聞かせるなど実に懐の深い歌い手だ。』JAZZ LIFE 2012年5月号(ライター・星野利彦氏)(抜粋)

『柔らかな温もり感と潤いに満ちた、芯にブレなき中音域の艶やかなヴェルヴェット・ヴォイスによる、落ち着いた調子で優しくハートフルに詩情を映し、…清々しくも旨味豊かに絵を飾った好内容。』CATFISH RECORDS 2012年3月レビュー(抜粋)