普通の日記 (week of 3/5-9)

なんだか長いようで短かった1週間。
正直、日中の仕事が忙しかった。仕方あるまい。
家賃、生活費が高騰し続けるニューヨーク、
single income、稼がにゃ、この街には居られない。

週半ばの水曜日は、雪になった。
その日は、朝八時半から夕方の五時まで
仕事場のチーム全員強制参加(!)のミーティングという名の勉強会。
3、4ヶ月に一度のサイクルでシリーズで
次で丁度1年になる。
前回は、私は日本にいたので参加しなかったので、
私にとっては二度目。
目的としてはチームビルディングっちゅうか、
チームの中での相互理解を深めよう、的な勉強会なんだが、
なんせ今一緒に仕事をしている人たちが
とてつもなく頭のいい人たちの集団なので、
ディスカッションの内容を理解してついていくのが精一杯。
私にとっては、楽しむ余裕なんざ〜サラサラなく。
ミーティング中も、終わった後も、
自分の英語力の無さを嫌という程思い知らされ
これ以上落ちようがないってところまで落ち込んで、
足取りも重く帰路につき、
帰宅したらしたで、ご飯も食べたくなくなるは、
動けなくなるはで、八時前には布団に入ってしまう、
そういう境地に行き着くのである。
週半ばにそういう気分になるのが
果たして良いのか、悪いのかは判らないが、
木曜日が普通にやってきたのが救いだった。笑
唯一、こういう境地に光を見出すなら
学ぶべきことは、まだまだ沢山あるぞ、
もっと頭を使えよ、っていうことか。

こういう落ち込みが定期的にやっていくるお陰で(!)
自分の不甲斐なさの表れというか、
自分の立ち位置を意識するためというか。
実は私は自分の履歴書からバイリンガルっていう表現を外している。
もちろん、スキルとして日本語、英語というのは書き込んでいるが、
キャッチコピー、もしくは売り文句としては、
バイリンガルという言葉は使いたくないというか、
使うのが、本当にバイリンガルの皆様に申し訳ない!っていうか(笑)。
もっと突っ込んでいうと、ワタシ、英語が得意って思ったことも一度もないし、
得意科目は英語ですって言ったこともない、というか言えない!!爆

そんな私のアメリカ生活も、通算でいくと
実にとんでもない年数になってきたもんだ。とほほ。

どうしようもなく寒い夜には

お正月明け早々に吹雪きに見舞われたニューヨーク。
積雪量よりも、風の強さに驚かされた。
察するに体感気温は、実際の温度より遥かに低いに違いない。
CNNは、火星より寒いんだと表現した。
火星の気温がどの程度低いものかは知ら無いが、
とても説得力がある。
と言うか、これより気温が上なら、火星、住めるじゃん?
とまで思ったのは、私だけではあるまい!

こんな寒い夜には、本当はココアでも飲みたいところだけれども、
昨日スーパーに行った時には、ココアを買うことすら
思いつかなかった。
失敗だ。
この冬、雪はまだ降るだろうから、
買って備えなければ、、、、

Healthworksのにするか、アマゾンオススメのAnthony’sにするか、ちょっと悩み中。でも、きっとWholefoodsなんかに寄っちゃったら、Wholefoodsブランドのを買っちゃうんだろうな。ありそうだもんね。

新居の片付けと旧居の掃除

新居の片付けと旧居の掃除で1日が終わった。
帰りに冷蔵庫の中の瓶もの食材をごっそり持ち帰るため、
ぴぴっと車を呼んで戻ってきたのであるが、
その運転手さんが不思議な人だった。

バングラデシュからの移民で、ドライバー、家族持ち。
サンセットパークはよいエリアか、という話からスタートしたのだが、
いきなり話がかっ飛び、仏教の説法へ。(え?この展開?ここで?)
正直、何の話をしているのか、非常に分かりづらい英語だったので、
突っ込んでいくつか質問してみたのだが、
もちろんワタシの質問に応える気配は全くなし。
幸せとは何か、
と話している時のハッピーがどうしてもヒッピーに聞こえ、頭の中は大混乱。
いつしか話は瞑想の勧めに切り替わり、運転しながら呼吸法、
目を閉じて、、、とかなって、
おいおい、お願いだ、安全運転してくれ!と心の中で叫ぶものの、
伝わりっこないワタシの不安www.
カルマは信じるか、輪廻は信じるか、
といったところで目的地に到着。
1日30分でいいから瞑想しなさい、と言われて別れた。

本当にニューヨークはいろいろな人がいる。

(FB post, 10/22から転載)

Follow me on Facebook!
Artist Page https://www.facebook.com/mamikomusic/
Personal Page https://www.facebook.com/mamiko.taira

休みの人が羨ましいな、な月曜日

人によっては、今日という日が休日なところがある。
Columbus Dayってやつだ。
学生時代をペンシルバニアで過ごしたから、
Columbus Dayってのは休みと思っていたが、
NYで仕事をするようになって、この日が休みになった例がない。
山のように送られてくる、online retailerのセールの知らせを横目に
極めて普通に仕事をしている。
唯一の恩恵と言えば、朝の通勤電車が空いていて、
すんなりと座ることができたことか。

#nyc #commute #subway #manhattan #brooklyn #eastriver #iphonephotography #crossingbridges #iphone7plus

Mamikoさん(@mamita24)がシェアした投稿 –

最近はこんな感じ

全てが同時進行で、何一つまだ完結、完成、お終い、
そんなものに至ってなくて、
ああ、こうやって人間は焦りを覚えるんだな、と実感中。
わはは。

引越用に、ひとまず直ぐに使わないものを詰め始めようと思って、
某密林経由(!)でぴぴっとダンボールを購入。
この受け取りが若干大変だったんだが、なんとか家まで到着。

いやー、ここはアメリカですからね。
いつもなんか特有の面倒なことが勃発するのですよ。
慣れっこになりましたが。
交渉力なるものが、もしも自分に備わっていたとしたら、
それは日々のアメリカ生活で培った賜物だと断言しよう!笑

断捨離も続行中。
Upper WestからSunset Parkまで引越した時に、
かなりのものを処分したのだが、
4年+の歳月で、引越当初は使っていたのに、
いまはもう使わない、だけどまだ手放せないでいる、
みたいなものがかなりある。
あと、ここでは必要だけれども、新しいところでは必要がない、
使えないというものも。
大げさかもしれないが、万物にTPOあり、といった趣。

blah, blah, blah.

秋のツアーでご一緒するミュージシャンの皆様、
楽譜、今月中に送ります!(必死)

#fall2017 #小さい秋

A post shared by Mamiko (@mamita24) on

趣味で始めてしまったポッドキャスト、Weekend Jazz Meetupについて

今年の3月から、もう、ほんの出来心でネットラジオというか、ポッドキャストなるものを始めてしまって、それが何気に長続きしており(私にしては、ですが 笑)、趣味として定着しつつあります。なんと本日、6月10日の土曜日の放送(日本時間では翌日11日、日曜日の放送)で13回目を数えるんですよ!うわー、です、ワタシ的には。番組名は、Weekend Jazz Meetup。これもかなり適当に必要に駆られてつけた名前なんですが、悪いネーミングではないなと自負しております。(趣味ですからね。自分に甘くていいんです。笑) 基本的に、知り合いの日本人及びアジア人のジャズミュージシャンに焦点をあてて、好き勝手に曲を選んで流すという、実に単純なもんです。

このポッドキャストの番組、今まで決して黙っていたわけではなくて、FBとTwitter上では軽くお知らせを流したりしてたんですが、あくまでも趣味ですし、本腰入れてPRするもんでもないなー、一緒に面白がってくれる人と楽しめればいいかな、みたいな考えでいました。今でもその方向性は全く変わらず、あくまでも趣味の域を出ませんが、どうも悪い趣味ではないぞ、続けたほうがひょっとしてもっと楽しいかもしれない、と思えるような出来事に幾度が遭遇したので、ブログを通じて今回お知らせしてみた次第です。

うまい具合に、放送中にこのブログを見た方は、下の埋め込みリンクからライブでお聴き頂けますが、このブログの上のメニューバーの、左から3つ目にある”Weekend Jazz Meetup“に飛んでいただくと、下にあるものと同じ、埋め込みのオーディオプレイヤーに加え、過去の放送が保存してあり、いつでもお楽しみ頂けるようになっています。

また、もっとしっかり、この気まぐれな番組の放送時間の知らせを確実に受け取りたい!という方には、このポッドキャストのホストであるMixlrのページに登録していただいて、私をフォローして下さるとお知らせが届くらしいです。

▽ライブページのリンク
http://mixlr.com/mamita24/

放送日は、完全な固定ではないですが、なるべくニューヨーク時間の土曜日、夜の9時半から(日本時間で日曜の朝10時半から)に合わせてますが、ライブが入ったり、都合がつかない場合は日程を前日、または翌日に変更してお届けしてまいす。お時間が許すようでしたら、ぜひ、一緒に面白がって、楽しんでくださったら嬉しいです。

懐かしの空メールボタンは健在だった(極めて内輪受けなタイトルで失敬)

今日は9月11日だ。あれから15年。時というものは確実に過ぎていく。
でも、思うのだ。
あの日は終わっていない。
何かが始まって、そのまま継続している。
メビウスの輪のような、ループの中に
この日はあるんじゃないだろうか。

あの日、新しい仕事に就いて、仕事の配属先がワートレで、
出勤したらテロに巻き込まれたという息子さんを持った家族が、
当時ワタシが住んでいたブロックにいた。
あの日、たまたま出張していて、テロに巻き込まれたという方もいた。
自分の働くフロアを境に生存率がガタ落ちだったのも認識しているし、
いつもトイレですれ違う人が、亡くなった方に含まれていたのも知っている。
命からがら、ひたすら自分の足で避難してきた同僚もいるし、
彼女がこの経験と長い歳月をかけて向き合い続けているのも知っている。

9月11日は、たくさんの方が命を落とした日で、
自分も含めたくさんの人の人生が変わった日であり、
普通の秋の1日として数えられなくなった、そういう日だと思ってるし、
今日という日は、冥福を祈る日、そして
生きていること、生かされていることの意味を噛み締める日だと思ってる。

http://nikki.mmkmmk.com/911.html

当時の日記には、日記猿人の時に使っていた空メールボタンがついたままだ。
流石に、日記猿人の読了ボタンは取り去ってあるけれども(笑)。
さっき自分で自分に空メールを押してみた。
ちゃんと届いた、当たり前ながら。

当時を真似て、この投稿に空メールボタンつけてみました。
押してみたい方は「ぽちっ」と、どうぞ。
でも、機能するかは保証しません。おほほほほ。
(機能したとしたら、あなた様の端末のデフォルトのメーラーが立ち上がるはずです。
MacならMailとか、PCならOutlookとか。Webメールは反応しないと思います。)

RIP Toots Thielemans

387404_4687273186548_331719768_n

2008年の写真です。こんなに間近にお会いしたのは、後にも先にもこの時一度限り。
NEA Jazz Masters Awardsのコンサートの時だったと記憶してます。
当たり前ですが、沢山の方々がお見えになっていて、
お客様ももちろん一杯でした。
でも、声をかけたら一緒に座ってくれて、おしゃべりまでしてくれました。
思いっきり当時の彼の顔は切ってアップしちゃいましたが(笑)、
二人して、うわー、Toots、Toots!みたいに興奮したのを覚えています。

Rest in peace, Toots.
あなた様の人となりを映すかのような音色は忘れません。