Thank you!

A moment of the joy: singing with strong supports from musicians
who I can trust in the place where the music is respected
being surrounded by the people who know what the music can bring to them.

It was just an another hot summer night.
It was just an another joyful moment in my life.

短期・犬のいる日々(4)

久しぶりのハウスゲスト。クロエちゃん。この前の週末を一緒に過ごした。
癒し犬。きっと、それが彼女の宿命にちがいない。
たくさんの人を癒しておくれ。

足を洗うだけの為のブラシ・その後

足を洗うだけの為のブラシの続報

一体どれぐらいの人が期待しているのかなんざー分からないが、
なんとなく2週間使い続けた「その後」を書き留めておきたい。

まず、独特の匂い。
継続中である。弱くなってきているような気がしなくもないが、
単に鼻が慣れてきたんではなかろうか?
ふとした折に匂いが感じられるので、慣れた説に一票投じたい。

足の血行促進には、とりあえず役立っている気がする。
とにかく、睡眠には貢献していると思う。

形状であるが、原型を保ちつつ、特に抗菌加工ではないけれども、
カビも発生しない、速乾性があるのは素晴らしい。
っていうのも、昔、Earth Therapeuticsというブランドの
“Sole Scrubber”を買って使ったことがあったんだが、
2週間経ったか経たないかの時点で、黒くてぬるっとした感じのものが出て
(察するにお風呂でお目にかかる黒カビの類)
洗いづらいだけじゃなくて、完全にその滑りと黒いものが取りきれなく
結局、15ドルぐらいの代物が、2週間でゴミ箱行きという結末を迎えたのである。
そこからしたら、このノンブランドのふりした透明のスクラブ・ブラシくん、かなり優秀なのかもしれない。
匂いさえ慣れてしまえば(笑)。

でも、洗いながらくすぐったくて笑ってしまうという件、
それは相変わらず続いていて、
もしも換気扇を通じて私の笑い声が誰かのお宅に届いていたら、、、
うーん、ちょっと恥ずかしいかもしれないなあ。

カレーは幸せを運ぶ

料理をしながらポッドキャストは、何気に楽しかった。
誰が調べたのか知らないし、根拠があるのかもわからないが、
カレーは人を幸せな気分にするらしい。
信じられるぞ。うん。

カレー三昧の日曜日がゆっくりと確実に終わっていく。
バックグラウンドには山下達郎のラブソングが流れている。
きっと何語に訳しても通じるだろう、普遍的な愛のうた。
こういうことを面と向かって言えない人たちのために、
山下達郎は代わって歌っているのかもしれない、
なーんて思ってしまった。
カレーの仕業だなこりゃ。

Have a happy Monday, everyone!

足の裏を洗うだけの為のブラシ

日本のテレビ番組を見ていたら、足を洗うマット(みたいなブラシ)が出てて、
なんだか気持ち良さそうで、とても欲しくなったんだが、
日本で売っている値段が9000円近く、
同じものがアメリカのアマゾンにもあったんだけど、やっぱり125ドルするので、
なんだかなーって思って、似たようなもんを探してみたら、あった。
そのテレビで見たものより遥かに安い、というか安すぎじゃん?
と言いたくなる「類似品」。
(うーん、類似品という表現ももったいないぐらいチャチなルックス、正直なところ。)
で、買ってみた。


Foot Scrubber

素材、これ、なんだろう?ビニールの一種なのかな。塩化ビニールとか。
それともゴムなのかな。
パッケージを開けた途端、もう、それ特有の匂いがプワーンとして
ちょっと面食らった。
そういえば、アマゾンのレビューで匂いが頂けないと書いていた人が多数いたなあ。
彼らは実に正しい。

まあ、使っているうちに匂いは和らぐであろう、ということで
返品をするのはやめた。笑
レビューを読むと、もう匂いだけが理由で返品している人、結構いるんす!)

さて、使い心地。
ワタシの足の皮が薄いのか、
それとも運動不足だからか、
はたまた裸足で外を歩かないから足裏が退化しているのか、
ものすごく擽ったい。
あまりにくすぐったくて、笑いが止まらず、
ちゃんと洗えていないんではないか?と疑わしき事態に。

シャワーをでた直後には体が温かいので気がつかなかったが、
シャワーから出て三十分経った今も、
足がポカポカしているのは評価すべきかも。

もうちょっと使って見てからアマゾンのレビューを書くかは検討しよう。
(多分書かない。)

no subject (or some “Thursday” if you insist…)

人待ち。夕飯。日記書き。
なんて夕方。なんて木曜日。
疲れ知らずになりたい〜、なんて思いながら。
春休みが懐かしい、なんて思いながら。

夏時間は半ば無理やりに明るい夕方を持ってやってくる。
気持ち人々の服装が軽くなったとは言え、
やっぱり冬の名残がそこら中に。
雪も溶けたけれど、また来週には寒さが戻るというじゃないか。

卒業式を控えた日本の学生達にとっては
お別れと初めましてが交互にやってくる春であって、
涙腺緩み、ココロは大揺れ、大忙しなんだろうな。

ワタシはと言えば、相変わらずで。
一握りの憂鬱と戦いながら、
ほぼほぼ根拠のない自信と、
そして絶え間なく溢れる希望と一緒に
今日もこの街で一生懸命生きている次第です。

Brooklynの某所にて

かしこ

最近ご無沙汰しております、あなた様へ

普通の日記 (week of 3/5-9)

なんだか長いようで短かった1週間。
正直、日中の仕事が忙しかった。仕方あるまい。
家賃、生活費が高騰し続けるニューヨーク、
single income、稼がにゃ、この街には居られない。

週半ばの水曜日は、雪になった。
その日は、朝八時半から夕方の五時まで
仕事場のチーム全員強制参加(!)のミーティングという名の勉強会。
3、4ヶ月に一度のサイクルでシリーズで
次で丁度1年になる。
前回は、私は日本にいたので参加しなかったので、
私にとっては二度目。
目的としてはチームビルディングっちゅうか、
チームの中での相互理解を深めよう、的な勉強会なんだが、
なんせ今一緒に仕事をしている人たちが
とてつもなく頭のいい人たちの集団なので、
ディスカッションの内容を理解してついていくのが精一杯。
私にとっては、楽しむ余裕なんざ〜サラサラなく。
ミーティング中も、終わった後も、
自分の英語力の無さを嫌という程思い知らされ
これ以上落ちようがないってところまで落ち込んで、
足取りも重く帰路につき、
帰宅したらしたで、ご飯も食べたくなくなるは、
動けなくなるはで、八時前には布団に入ってしまう、
そういう境地に行き着くのである。
週半ばにそういう気分になるのが
果たして良いのか、悪いのかは判らないが、
木曜日が普通にやってきたのが救いだった。笑
唯一、こういう境地に光を見出すなら
学ぶべきことは、まだまだ沢山あるぞ、
もっと頭を使えよ、っていうことか。

こういう落ち込みが定期的にやっていくるお陰で(!)
自分の不甲斐なさの表れというか、
自分の立ち位置を意識するためというか。
実は私は自分の履歴書からバイリンガルっていう表現を外している。
もちろん、スキルとして日本語、英語というのは書き込んでいるが、
キャッチコピー、もしくは売り文句としては、
バイリンガルという言葉は使いたくないというか、
使うのが、本当にバイリンガルの皆様に申し訳ない!っていうか(笑)。
もっと突っ込んでいうと、ワタシ、英語が得意って思ったことも一度もないし、
得意科目は英語ですって言ったこともない、というか言えない!!爆

そんな私のアメリカ生活も、通算でいくと
実にとんでもない年数になってきたもんだ。とほほ。

マウスをワイヤレスからワイヤードに戻した

ここ半年、ワイヤレスマウスの調子がすこぶる悪くて、
ちょっとした振りでバッテリーが動いてしまってマウスが作動しなくなったり、
マックの目の前にマウスは位置しているのにも関わらず
シグナルロストになったりと、それもPodcastをしている最中になったりして、
そんな時は、汗たらーり。

で、それでも完全に壊れたわけじゃないし、なんて騙し騙し使ってたんだけれど、
やっぱり、放送中にシグナルが切れるのは嫌だなーって思って、
マウスを買うことに。
でも、アップル純正のワイヤレスを買うのもシャクな気がして。笑
んで、そうだ!電池もばかにならないし、いっそワイヤードに戻しちゃえ、
って思って、ワイヤーでオプティカルのを探したら、
あった、あった!こいつで行こう!!
って、これをゲット。だって、8ドルしないで、電池もいらないんだもん。

Macally USB Optical Wired Mouse 1000DPI

それが今日届いた。
で、早速使ったら、スコブル好調。
なんでもっと早く切り替えなかったんだろう、、、

$7.89の幸せ。

普通の日記

月曜日が祝日だったため、一週間が過ぎるのが早く感じられた分、ビジネスの稼働日が4日に縮んだ週。忙しくなる予定ではなかったのに、なんだか忙しかったりして。おかげで疲れ気味なのが隠せない。とほほ。年齢を重ねるごとに疲労回復のスピードは落ちるわけだーね。

Fri/2/23:
変則で金曜日にポッドキャスト。金曜に時間を設定すると、準備の時間が短い上、集中力も必要になったりして。終わる頃には、結構ヘロヘロになる。自分でもびっくりしているんだが、明らかに金曜日の晩は疲れてしまって、普段なら放送後にすぐアーカイブのリンクや曲名を公開するのだが、土曜日の朝に公開することにした。まあ、世の中はオリンピックで忙しいし!と甘んじたわけだ。

Sat/2/24:
ポッドキャストの放送日を金曜日にしたのは、フルート奏者の佐伯麻由さんのアルバムのローンチを祝っての関係者だけのリスニングパーティーに出席するためだった。何を隠そう、彼女のアルバム制作に裏方でちょこっとお手伝いをしたからなんだが、準備期間や実際の録音やポストプロダクションと多岐にわたって関われて、大変良い機会を頂戴したと思っている。全く歌うことと関係ない部分で音楽制作に参加するのは初めてなので、なかなか面白い経験になった。無事にアルバムがプレスされてよかったなーと思うし、麻由さんに声を大にして言いたい。おめでとうございます!さあ、ここからが勝負。気合い入れて売ってくださいな!笑

Sun/2/25:
佳子ちゃんとSeung Heeちゃんのお誕生日のお祝い、仕切り直し。どちらかと言うと、佳子ちゃんのお誕生日を祝う方がメインだった、と思う。おでん。まりちゃんが3日前から仕込んでくれたシロモノ。最後におでんを鍋からつついて食べたのは、確か佳子ちゃんが未だトライベッカ方面に住んでいた頃だから、ものすごい久しぶりに感じる。一人分のおでんセットとか日本は売っているけど、やっぱりある程度の量をガツンと調理した方が美味しいよね!関西風だったので、牛すじ入り。ほほほほ。まりシェフ、ありがとうございます。

久しぶりに普通の日記

今年の緩い目標として、日記書きにもうちょっと時間を割こう、というのが加わった。特に理由はなくて、頭の中の整理に役立ちそうだなといったところか。(もしくは備忘録。ははは。)

Fri/2/16:
仕事を1時間ほど早く切り上げて帰宅。夕飯を食べながらポッドキャストの準備を通常の半分ぐらいの時間で済ませ、夜8時半からポッドキャスト。終わってから放送のmp3をiTunes Podcast用に簡単なエディット、ファイル分けをして就寝。

Sat/2/17:
昼間は練習したり、昼寝したり。夜から雪という予報だったが、夕方からちらつき始めた。

夜はB Flat。大輔くんと脇さんと。有難いことに、Seung Hee(B-day Girl!)、まりちゃん、あつこさん、美鈴さん、ゆかりん+2、大輔くんのお友達が来てくれた。天気が悪いのに、本当にどうもありがとう。もう一人のB-day Girlの佳子ちゃんは、お店にたどり着く前に既に酔いつぶれ状態で欠席。ざんねーん!笑

Sun/2/18:
Mai Maiちゃんに誘われて、ヤギなべ。生まれて初めてヤギ肉を食す。羊が苦手(食べること自体は新鮮な状態であれば大丈夫なんだが、とにかく消化を上手にできないので苦手)なのでヤギを食べようと思ったことがなかった。苦手かもって伝えたんだが、このお店は店主が自分で釣ってくる天然のウナギも名物であるからと言われてご一緒することにした(そう、ウナギにつられたわけ。)

ウナギはタレつけて焼くか、塩焼きのままでタレをサイドにつけてるか選択肢があって、塩焼き、タレはサイドでお願いした。さっぱりして美味しかったけど、日本のウナギよりさっぱりしていた(あまり油はのっていなかった。)ヤギはびっくりするぐらい臭みがない。これはお店でほふるからだそうだ。ヤギ肉をこの鮮度で出せるお店は多くないだろうし、このお店、かなりいっちゃってると思う。

帰りに最近できた近所のWholefoods 365に行ってみた。普通のWholefoodsがベースではあるんだけれども、そこにちょっとTrader Joe’sを意識したスッキリしたパッケージングとストアブランドに注力した感じ。フードコート的エリアのセルフサービス(ワイン、ビールなんかの飲み物は自分で入れに行くスタイル?)が目を惹いた。お店の面積は、Bryant Parkの広さに匹敵するか、ちょい大きいかな、ってぐらい。

家に戻ってポッドキャストの音源をiTunesに公開。

Mon/2/19:
本日はPresident’s Day、祝日。10時まで寝ちゃう。月曜日に寝坊は贅沢の極み。ダラダラ過ごして喜びながらブログを更新したりして。