つぶやき進化論(読み中)

昼間の仕事先のライブラリーにつぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! が入ったので借りて読んでみてる。去年の夏に出たものだから、中身の鮮度という意味ではどうなのか分からないが、とりあえずスイスイ読める。英語版も後からサックリ流し読み、後ほどしたいな、と思った(のは、出てくる単語できちんと訳されてないか、誤植なのか確かめたくなるものが出てきたので・笑)。

三分の一まで読んでみた時点で頭を過ったこと:

    つい最近、アーティスティックだけれども、とてもネガティブな内容の映像(アニメーション)をyoutubeで見た。特定の会社と、その会社に関わる社員と、その会社の製品をテーマにしたもので、途中に挿入される映像や音源は無許可で引用されているので、著作権的な観点から見れば違反なのは明らかなのだが、アーティスティックなレベルから見れば、それはそれは完成度も高く、時間もかかったであろうと察する。ネガティブな印象を与えるのは事実なのだが、どうもその会社への愛情が根底にあって、作者の思う「その会社」と、今の「その会社」に何か差があって、作者は「その会社」の未来を案じて何か、ものを言いたいのかしら?と思わせる。

    3分の一まで読んだ中に、こういったネガティブな自体を好転させる(出てしまった情報を逆手にとって一種の共存というか、理解を示す)ことができる企業と、従来の古い考えに縛られ後退する(出てしまった情報をもみ消すなど、実質、当社は余裕がございませんというところを見せつけてしまう)企業が例としていくつか上がっていた。どの話も、ネットやビジネスがらみの雑誌などで見聞きした話なので、へー!と驚くほどのことではなかったが、その実例と、その最近みた映像の件を併せて考えると、いったい、「その会社」はどういう対応をとるのがソーシャルノミクス的に由とされるのか。考えだしたら、すっかり知恵の輪をがちゃがちゃ解こうとするのに解けないような気分になり、自分の頭の悪さに閉口してしまった。どうやらワタシは宣伝/広報向きの才覚も、顧客サービス向きの才覚も備えていないようだ(笑)。



と、本など読んだりしちゃっている週末ですが、
黙っていても月曜日はやってくる。
黙っていても人間、1年に1歳づつ年をとる。
ってことで、24日(月)は、NB Loungeの日、
そして久しぶりに誕生日にライブが当たります。

きっと寒い冬の一日になると思いますが、
夜、ミッドタウン周辺にいらっしゃる方は是非、遊びに来て下さいませ。
7時半から11時まで、カバー、ミニマムなし、です。


Monday, January 24
from 7:30 to 11 PM
@ NB Lounge
111 E56th St
(bet Park and Lex)
New York, NY 10022

Mamiko Taira (vocal)
Toru Dodo (piano)


View Larger Map

ISBN-10: 4479391932

タイツくん 哀愁のジャパニーズドリーム(松岡宏行さん著)を読みました。

タイツくん哀愁ジャパのジャケット

ワタシは別に取り立てて本を嫌いなわけでもないですが、
本の虫でもありません。
増してや、本の感想文というか、
人様に本をお勧めするような技量は、あまり兼ね備えてないように思います。

感想文というと、どうも学生時代を思い出してしまい、
先生に読んでもらうものといった感が否めず、
つい、カクカクっと四角く、かしこまってしまうのです。
けれど、今日はちょっと真面目に、書いてみます。

————————

実体験を自分以外の第三者とシェアするというのは、
それなりの覚悟というものが必要で、
極自然に、「自分の切り身」のようなものを、さっと相手に差し出すような、
ありのままを伝えるとなると、「ぐっ」と本気が必要になる。
腹を割って話す、なんて言葉が一番近い、
そんな「ぐっ」だろう。
この本は、そんな至近距離の本だった。

会社設立に至るまでの前段階の時代は、とてもお世辞にも楽しい時代には映らない。
読んでいる自分からしてみれば、実に「ひー、苦しそう!」であり、
無責任にも「がんばれ!」という立場に回ってしまう。
もちろん会社ができてからも、山あり谷ありだ。

でも、その一歩一歩、松岡さんが踏んできたステップ、
選んだステージで、すべて共通しているのは、必ず何かを掴んでいて、
遠回りしていたとしても、次に確実に繋がっていることだ。
世の中、必然というもので、事いう事が繋がっている。
このからくりに気がついた人は、とても強い。

何が大切で、失ってはいけないのか、それでも失ってしまうものもある。
そんな時は、そこからどう動くのか。
仕事だけではなくて、私生活でも、常に選択に迫られ続ける。
その度にフル回転する彼のロジックも、
時を経てどんどん成長し、変化をし続ける。読み進むにつれ、
その変化が読み手の我々の肌で分かるようになってくる。
そして、本が終わるころには不器用そうな、生きることが決して上手そうには見えない、
この本の主人公が、「ああ、この人は生きることにセンスのある人だ」に変わっていた。

あと忘れずに書いておきたいのは、結婚するって、悪くないなって思った。
パートナーを持つという意味で。ワタシはバツ一なので(うひゃー!言った、言った!!)、
結婚に纏わる素敵な面も、苦い面も両方知っているつもりだ。
正直、結婚は、現実として自分の選択にはもう入れる必要がないかな?と思っていたぐらいだった。
でも、本を読んでいたら、なんだか、ここまでがんばれるパートナーが傍にいたら
結婚も可能性として残しておいてもいいかも、と思考が傾いた。
(自分でも、ちょっとびっくりしたんであるが!)

私は、この本を自分が今、一番大切な人にプレゼントした。
彼は、まだこの本を読んでいない(と、思う)。ちゃんと読んでくれるのか、
また、読んだ後彼がどう思うのか正直なところドキドキなのだが、
小さな会社のオーナーとして、またクリエーターとして試行錯誤している彼に、
何かが伝わったらいいな、と思って・・・