アメリカ生活

 

まずはじめに:
なんだか大学時代の5年と、再びアメリカに戻ってきてからの年数を足したら
25年以上この国に住んでいる計算になり、
日本で生まれてからアメリカに最初に来るまでの年数を完全に越しているわけです。
時の経つのは早いなんて言葉だけで済ませてはいけないような気がして、
ちょっと音楽の話とは別に、まとめてアメリカの生活に係わることを書いてみようかしらって気になりました。

まあ、ワタシの経験が、どんだけ他の方の役に立つかなんて分からないですが、
少しでも役にたったら、それはそれでナイスかしら?
なんて思うんです。

2/19/2018

仕事探しに関して、最近思うこと (1)

アメリカで仕事に就くには、会社なり、公的機関なり、どこかに属すか、フリーランスでクライアントを取ることも含めての起業を選択するかのどちらかになります。仮に雇用形態がテンプ、契約社員、パート、アルバイト、インターンなどの正規雇用出なかったとしても、何だかの形で雇用主、派遣会社に属すわけだから、この「属すか、起業か」という大別は間違っていないでしょう。

就職に関する自称、他称「専門家」のアドバイスやら、How toものの記事、履歴書のテンプレート、カバーレターのサンプル、書き方など、ちょっとインターネットを調べれば参考になるかもしれない情報はワンサカ出てくる。余りの情報量で、求職者の方が混乱するに容易い違いなく、お金をかけずに手に入れることのできる情報に加えて、お金をとって情報を提供するアドバイザーやら、履歴書ライターやらも相待って、求職活動に関する情報は何を信じていいかわからないぐらいに混沌としているように見受けられます。

… to be continued