Weekend Jazz Meetup #144(後半)

2月29日(土)後半にお届けした作品:

7 Yutaka Nakamura #中村豊 / Bronx Bound D Train(2013年のアルバム「Happiness In New York City」から)
8 Eishin Nose #野瀬栄進 / 6k5 110(2011年のアルバム「Waiting」から)
9 Ro Hasegawa #長谷川朗 / Stars Fell On Alabama(2005年のアルバム「In This Case…」から)
10 Jun Furuya #古谷淳 / Topology(2011年のアルバム「Home Songs」から)
11 Mamiko Taira #平麻美子 / I Can’t Give You Anything But Love(2012年のアルバム「and it begins」から)
12 Coalescence #Coalescence / Weather Chaser(2019年のアルバム「Coalescence 2」から)
13 Senri Oe #大江千里 / A Fireplace(2019年のアルバム「Hmmm」から)

来週の生配信は、変則スケジュール、3/8(日)NY時間で9:30pm(夏時間)、
日本時間は同日、朝10時半を予定しております。
来週もお楽しみに!

【Mamiko Taira Live Schedule】Saturday, March 7, MAMIKO 3 at B Flat, Tribeca, 10pm to 12am, Mamiko Taira vo, Tatsuya Sakurai g, Steve Whipple b, 277 Church St, New York, NY 10013 【平麻美子・東京ライブ日程】6月6日(土)平麻美子4 at 御茶ノ水 NARU, 平麻美子 vo, 古谷淳 p, 安ヵ川大樹 b, 他

* Apple Podcastsの登録、Siriを使うと簡単です!
Subscribe Podcast Weekend Jazz Meetup!ってSiriに言うと、これですか〜?って感じで引っ張ってきてくれるので、Subscribeしちゃいましょう!次に聴く時は、Play Weekend Jazz Meetup!って言えば、アプリを立ち上げなくてもオッケー。尚、アプリ経由でお聴きいただくバージョンは、放送終了後に編集、データを送信する時間を要するので、数日後に公開になりますことご了承ください。

2015年秋の日本ツアー、無事に終わりました!

Family Pic 2015

11月9日からスタートした今年の秋の日本ツアー、
無事に24日のお茶の水で幕を閉じました。
沢山の皆様にお会いし、どの会場をとっても内容の濃い、
有意義な毎日となり、我々を迎え入れて下さった
お店の皆様、お客様へ感謝しても仕切れないほどです。
本当にどうもありがとうございました。

共演したメンバーの皆の心意気というか、
スピリットにココロ打たれるものがありました。



まずコア・メンバーである古谷淳くん、安ヵ川大樹さん、柴田亮くんのお三方。
アルバムの核を成しているメンバーでもありますし、ワタシのよき理解者でもあります。
ここまでキャリアを積んできている我々でも、
実に当たり前のことですけれども、強みも弱みも夫々に持っています。
そういうものも全て抱き込んで出てきたものが今回のアルバムなわけですが、
バンドとしての行動力と柔軟性を十二分に兼ね備えたメンバーです。
そして、バンドとして伸び代があるというのが最大の魅力だというのは分かっていましたが
今回のツアーを通して再認識できたのも収穫の一つでしょう。
レコーディングの中のサウンドから一歩出たところでの新たな展開に、
一貫性を持たせて流れを作れたのは大きかったですし、
アルバムとして出来上がったものを、生で再現しつつ
お客様にバンドが現在進行形であることをお見せできたのは何よりだったと思います。
ツアー二日目の甲府ジャズストリートがカルテットの編成だったんですが、
この日の演奏が、その日以降の演奏とツアー全体の空気に大きく作用したようにも感じました。
Love them so much!です。

アルバムに加えて、今回のツアーのために新しくアレンジを書いて
みなの耳を愉しませてくれた広瀬未来くん。
初日の六本木に併せて新たに3曲、
お茶の水の最終日に併せて新たに3曲、そしてアルバムの3曲と
トータルで3管入りのアレンジが9曲にも上りました。
メンバーから、そしてお客様からのフィードバックも素晴らしいものでしたが、
何よりも感謝したいのは、自分のうたが理解された上で書かれているのが
実感できる、唄っていて面白いな、と思えるアレンジを書いて頂けたことです。
また再演するチャンスを作らなくてはいけませんし、
可能であればライブ録音をしてみたいものだな、と思います。

吉本章紘さんと上杉優さんは、レコーディングでチーム(!)に初参加、
ライブは今回が初めての面々でした。
とにかく演奏がソリッドな上に、とても前向き且つ真面目なお二人で、
レコーディングの際もそうでしたが、
今回のツアーにしても、きちんと準備をしていてくれて、
自分が日本へ入るまで基本的に何もできない現実からくる不安を
一掃してくれる頼もしい人たちで、頭が下がるばかり。
一緒に演奏していて、安心できるというか、気持ちよいっていうのは
本当に有り難かったです。
次に共演できる日がくるのを楽しみにしてます。

成城のブールマンで共演した井上智さん、そしてヤマカミヒトミさん。
お二人とも、数年前の中目黒での共演以来でしたが、
今回単発で、安ヵ川さんと自分の組合わせでお願いしました。
智さんは、リハーサルで最初の音が出た時点で、
ああ、智さんだー!っていうサウンドに温々(笑)。
ヤマカミさんは、ブレの無い、これまた温かなサウンドで、
一緒に歌ってくれているような、そう、ワタシが知っている彼女の音でした。
安ヵ川さんも大変楽しそうに演奏していて、ああ、この編成をブックして良かったな
と、思った次第です。アルバムからの曲は少なめに演奏しましたが、
Skylarkのギター版、新たな解釈も非常に楽しかったです。

3度目の仙台、3度目の共演は沢野源裕さん。
もう、音と人となりがここまで一致した方は多くないんじゃないかなと思う程
素晴らしい方で、今回の演奏もとても楽しみでした。
淳くんが縁を結んで下さらなかったら、出会うことも無かったかもしれないし、
仙台に継続的に行く可能性も極めて低かったんじゃないかと思います。
次回の共演が楽しみです!
そうそう!今回、成城のライブと仙台のライブを考慮して、日本に置いておける
小さいアンプを購入して、それを持参してライブに臨んだのですが、
アンプを持って行ってよかったなーと、どちらのギグも思いました。

六本木と名古屋で初共演だったベースのお二人、
本川悠平さんと千北祐輔さん。
彼らにとっては単発のライブだったにも関わらず、
沢山事前に準備して頂いて、しっかり貢献して下さいました。
全く違うスタイルのベーシストだったので、大変面白かったです。
なんていうか、今の日本の若い世代のベースプレイヤーの流れが
垣間みれる良い機会を頂きました。
次にお会いする時に、どんな感じになってるのか興味津々です。

大阪で共演した長谷川朗くん。前出の未来くん同様、彼とは長い付き合いになりますし、
足を向けて寝られない、そういう人です。今回参加して貰えて本当に良かった!
朗くんのサウンドは、本当、朗くんだ!って直ぐに分かる、
ユニークなサウンドで、そこが最大の魅力だし、
自分の視点というものを確り持つと、こういう音になるという見本のような
管楽器奏者だと思います。人生に深みが増すごとに、それが音に反映されていて
今年もまた彼の音に感服した次第です。

Last but not least….
最終日のお茶の水で飛び入りで参加してくれた、
ご近所さんでもあり、NYでMamiko 3でベースを弾いてくれているSteve Whippleくん。
彼との付き合いも長くなりつつありますが、今回、飛び入りしてもらえて
良かったなーと思います。
Green Dolphin Street、百々チェンジで3管入りっていう曲のタイミングも良かったし。
(百々さんに聴かせたかったです、管入りのあれを。)
彼は今回、日本の置きベースの買い付けも目的の一つで日本に来てたんですが、
段々と彼の活躍の場が広がりつつあって、実にいい感じです。

と、ざっと感想を交えて書いてみましたが、
な、長いですね!ひゃひゃひゃ。
今回の7人編成の大所帯バンドを快くブッキングして下さった
容子ママ、成田さん、成城のライブでアシストして下さった史さん、
甲府で物販デスクを切り盛りしてくれためぐちゃん、
吉祥寺のライブをビデオで記録を申し出てくれた鎌田くんなどなど
陰で今回のツアーを支えてくれた人たちが他にも沢山います。
このブログを見ているかどうか定かではありませんが、
本当にどうもありがとうございました!
とても思い出深いツアーになりました。

今年の秋は東京、大阪でお会いしましょう。

本当にあともう少し。

コツコツとレコーディングの準備をしている日々、
あと一ヶ月でどこまで下準備ができるか、
勝負だなー、って思います。

ライブも、お越しになるお客様が
来てよかったな、やっぱりライブっていいなという気分になって
お店を後にして頂けるように頑張らなくちゃなー、だし、、、

と、我が心、すっかり日本なり!

さて、今日はお友達のお誕生日の集まりで
久しぶりにお出かけです。
飲み過ぎないように気をつけます!笑

flyer-ver3-480

秋のライブのお知らせ:追加日程・大阪

ほとんど備忘録的なエントリーに見えますが(笑)、大阪、今年も呼んで頂きました。
12月4日(木)の夜は、大阪・サブでお会いしましょう。詳細は後ほど。

ちなみに、今初めてHootsuite経由でブログをアップデートしてみたんですけど、
ちゃんとアップされるのかしら?不安、、、

平麻美子・2013年秋のツアー日程一覧(フライヤー付)

気がつけば、既に10月になっていました。
この調子ですと、アッと今に日本です!11月です!
今年は大阪から始まって、甲府で〆です。

昨年はアルバムの発売もあり、ツアーのタイトルは
アルバムのタイトルをそのまま使いました。
今年は、

“If two heads are better than one,
what can we do with four heads?”

一人より二人(二人の方が名案が浮かぶ)。
ならば、4つの頭だったら何ができる?

と、とんちのような問いかけをテーマにしてみました(笑)。

4人でできること。
いったい、どんなものが生まれるのでしょうか?

皆様とお会いするのを
一同、心より楽しみに致しております。

麻美子




平 麻美子 Fall 2013 Tour


11月14日(木)
大阪 Sub

大阪市中央区上汐2-4-6 上六センタービルB1
Tel:06-6762-3226
開演:8:00 PM
チャージ:3,000円
メンバー:平麻美子、長谷川朗、藤川幸恵、手島 甫
http://subjazz.blogspot.com


11月15日(木)
静岡 Life Time

静岡市葵区紺屋町11−1
TEL 054-250-0131
開演:7:30 PM
チャージ:要問合せ(前売り有り)
メンバー:平麻美子、古谷淳、安ヵ川大樹、柴田 亮
http://www.fugetsuro.co.jp/lifetime/index.html


11月16日(土)*
御茶ノ水 Naru
東京都千代田区神田駿河台2-1 十字屋ビルB1
TEL: 03-3291-2321
開演:7:30PM
チャージ: 要問合せ
メンバー:平麻美子、古谷淳、安ヵ川大樹、柴田亮
http://www.jazz-naru.com


11月19日(火)*
吉祥寺 Sometime
武蔵野市吉祥寺本町1-11-31 B1F
Tel:0422-21-6336
開演:7:45PM
チャージ:要問合せ
メンバー:平麻美子、古谷淳、安ヵ川大樹、柴田亮
http://www.sometime.co.jp/sometime/index.html


11月21日(木)
仙台 リラキシン

仙台市青葉区一番町2-7-3 (4F)
TEL: 022-223-1106
開演:8:00 PM
チャージ:4,000円(1ドリンク付)
メンバー:平麻美子、古谷淳、安ヵ川大樹、沢野源裕(ゲスト)
http://www.relaxin-sendai.com


11月22日(金)*
六本木 ALFIE
東京都港区六本木6-2-35 ハマ六本木ビル5F
TEL: 03(3479)2037
開演:8:00 PM
チャージ: 4,200円
メンバー:平麻美子、古谷淳、安ヵ川大樹、柴田亮
http://homepage1.nifty.com/live/alfie/


11月23日(土)
甲府 アルフィー

甲府市中央4丁目3-19 桜商事ビル 1F
055-233-0300
チャージ:前売3,000円、当日3,500円
開演:7:30 PM
メンバー:平麻美子、古谷淳、安ヵ川大樹、柴田亮
http://alfie.main.jp/home.html


*東京でのライブは、事前の予約をお薦め致します。
どのお座席からご覧頂いても、楽しくお過ごし頂けますが、
お好みのテーブル、カウンター席がおありの方は、
予約の際に一言
「ステージの前がいい」
「バーがいい」
といったリクエストも忘れずに!



Fall 2013 Japan Tour Flyer

今年の秋の日本でのライブの日程(更新)

今秋の日本でのライブ、スケジュールの更新をお知らせ致します!

1)甲府・アルフィーの日程が決まりました。
今年も甲府に行けます。11月23日の土曜日に決定致しました。
また伺えるのは勿論嬉しいのですが、更に気分を盛り上げるのは、なんとツアーの最終日ということでして!
ピアノの淳君のホームグラウンドで迎える最終日というのは、なんか良い感じではないですか?

2)ワークショップの日程を11月17日(日)に決定しました。
場所はまだ未定ですが、バンドのスケジュールとの兼ね合いも含め検討した結果、
17日の日曜日に日程を定めました。
まだ会場が決まっていないのですが、参加ご希望の皆様はカレンダーに印、ヨロシクお願い致します。



スケジュール一覧(8月13日現在)

    11月14日(木)大阪/Sub (平麻美子、長谷川朗、他・TBA)

    11月15日(金)静岡/ライフタイム (平麻美子4)

    11月16日(土)東京・お茶の水/ナル (平麻美子4)

    11月17日(日)東京・TBA/ワークショップ Jazz Vocal 101 with Mamiko 4

    11月19日(火)東京・吉祥寺/サムタイム (平麻美子4)

    11月20日(水)TBD

    11月21日(木)仙台/リラクシン (平麻美子3 with 沢野源裕)

    11月22日(金)東京・六本木/アルフィー (平麻美子4)

    11月23日(土)甲府・アルフィー (平麻美子4)

平麻美子4:古谷淳(ピアノ)、安ヵ川大樹(ベース)、柴田亮(ドラム)、平麻美子(ボーカル)
平麻美子3:古谷淳(ピアノ)、安ヵ川大樹(ベース)、平麻美子(ボーカル)

今年の秋の日本でのライブの日程(今日現在のまとめ)

こっそり今秋の日本でのライブの日程を、
ほんの一握りの平麻美子の駄文満載のブログ読者様に
今、分かる範囲でお知らせしよう、
と思ったけれど全然こっそりじゃないですね、ブログに書くこと自体が!笑

えー、Facebookのファンページ(これまた一握りの!)には
逐一、ブッキングされる毎にshout outしてたんですが、
一覧には未だしておらず、これがお初の一覧になります。
もう数本入れたくて、ブッキングに四苦八苦してますが、
とりあえず決定している範囲でお知らせを。

    11月14日(木)大阪/Sub (with 長谷川朗)
    昨年の大阪は、ツアーの最終日でした。ワタシの声がむちゃくちゃ調子悪い状態で、お客様に大変ご迷惑をおかけしたと痛く反省しておりまして、今年は、いっちゃん最初に大阪で罪滅ぼし、、、という心持ちでございます。恐らく長谷川朗2か、長谷川朗3とのご一緒させて頂くことになると思います。詳細が上がって来ましたら、逐一ご報告致しますね。

    11月15日(金)静岡/ライフタイム (平麻美子4)
    カルテットとしてのツアーの初日は、静岡のライフタイムさんからスタートです。昨年、スケジュールの都合で実現しなかったライフタイムさんですが、今年はブッキングが実現致しました。静岡ジャズファンの皆様、今から楽しみにしておりますよ!こちらは古谷淳、安ヵ川大樹、柴田亮、そして私でお届け致します。

    11月16日(土)東京・お茶の水/ナル (平麻美子4)
    お茶の水のナルさん、いつも気持ちよく演奏させて頂けて本当に感謝してます。沢山のボーカリスト、シンガーの方が活動する東京にあって、ニューヨークの、言わば外もののワタシを快く毎年呼んで下さいます。正に奇特なジャズクラブです!こちらも古谷淳、安ヵ川大樹、柴田亮、そして私でお届け致します。

    11月19日(火)東京・吉祥寺/サムタイム (平麻美子4)
    昨年に引き続き二度目のサムタイム、淳君のレギュラー・スポットです。吉祥寺は私にとっては思い出深い街ですし、あのステージを皆さんがぐるっと囲む感じは、どこでも味わえない独特のもの。そんなサムタイムで再び歌わせて頂けて光栄です。こちらも古谷淳、安ヵ川大樹、柴田亮、そして私でお届け致します。

    11月21日(木)仙台/リラクシン (平麻美子3 with 沢野源裕)
    仙台のリラクシンさんは初めてお世話になります。初めてというのは何かとワクワク、ドキドキですね。そして二度目の仙台、昨年に引き続きトランペットの沢野源裕さんとの共演です。演奏も打上も含めて、仙台行き、ものすごーく楽しみです。仙台は、昨年と同じ編成、古谷淳、安ヵ川大樹、私の3名で参ります。

    11月22日(金)東京・六本木/アルフィー (平麻美子4)
    昨年、一昨年、一昨々年とツアーの初日がアルフィーだったように記憶してます。今回はツアーの後半。ひょっとしたら演奏の〆になる可能性もあるかも。毎回言っているように思いますが、ステージとお客様との距離感がとても好きで、ここで演奏できることを大変光栄に思ってます。古谷淳、安ヵ川大樹、柴田亮、そして私でお届け致します。

はっと思ったのですが、昨年のスケジュールを逆さに並べたような感じですね、今年の秋は。

上記に加えて、恐らく甲府でのライブ、ワークショップの日程が追加される予定です。
あともう一本、どこか関東近県でカルテットで日程を入れられたら万々歳なんですが。
頑張りまーす。


さて。全く別件ですが、先日の赤い風船キリ番大会
特にキリ番報告が無かったので、
150番に当たった方まで持ち越しとなりました。
現在、120ぐらいの辺りだったように思います。
soundcloudは、youtubeなどと違って、聞けば聞いただけカウンターが回るので
根性を出せば、あなたが150番をヒットするかも!笑


tomijazz june 2013
photo by Paul Lacotta

先日のトミジャズでのデュオライブの写真。気に入っているので、
次回のフライヤーに使おうかしら、と思ってます。
もしかしたら、8月の終わりにデュオのライブ、あるかも、ですよ。

ツアー8カ所/一覧フライヤー(ちらし)

ちらし。相変わらず技のないことしてますが、フライヤー作るのは嫌いではないです。ただ、ワープロで作ってるので結構、やることに限界が(笑)。とは言うものの、現実として自分がシンプルなものが好きなのと、機能してりゃいいのさ〜、という構えなので、恐らくこの先もあまり大きな変化はなく、この調子で毎回やってくんでしょう!

FBの数チャネルを使って(自分のパーソナルのページ、アーティストページ、そしてジャズ専門のグループの計チャネル)先ず流して、その後、ミクシイ、Twitterとお知らせを入れてみたんですが、FBの把握出来る範囲で、アップして2時間の間に100以上のいいね!が付いて、シェアも複数して頂いて、もう感激です。本当にどうもありがとうございます。

NYに引っ越してきてから、日本に一時帰国をしてライブをするっていう習慣ができたわけですが、例え一年に一度でも続けることで、何か方向性を持たせたい、というのが自分の中にずっとありまして。今回のツアーは、そういうスタンスで活動することは決して不可能ではない、というのが体感、実感できそうな、そういう予感がしてます。

本当に今回は楽しみです。初共演の方も含まれてますし、初めてお邪魔するお店も含まれてます。ワークショップも4年ぶりに開きますし(まだ見学はオッケーですよ!)、盛りだくさん。年に一度の麻美子祭り(え?そういう企画なの?)、あとほんの数週間です。皆さん、待っていてくださーい!

Tonight/Next Month/Fall: Schedule Highlights

For Japanese entry, please click HERE.
日本語のブログ・エントリーはこちらへどうぞ。

    Thursday, July 15
    from 7:30 PM to 11PM
    NB Lounge

    111 E56th Street
    bet Park and Lexington (at the Lombardy Hotel)
    New York, NY 10022

    Mamiko Taira (vocal)
    Toru Dodo (piano)

    No Cover, No Minimum


This is your last chance to catch me and Toru together
until he comes back from Somi’s Eastern Africa Tour.
The next time you will see him at NB is Thursday, August 19.
He will be away 4 weeks. (sigh.)

So, please join me tonight at NB Lounge
and help me expressing how we all are going to miss him in these weeks:)



What are you doing on Wednesday, July 28th?
Tadataka and I will be at Miles’ Cafe on Wednesday, the 28th
from 9:30 to 11:30.
I believe this is the first time for Tada to play at Miles’ Cafe,
and for me, the first time to play with Tada at the cafe as well
(the past 3 performances were with Toru.)
It’s going to be an another beautiful evening of great American songbooks!

    Wednesday, July 28
    from 9:30 PM to 11:30 PM
    Miles’ Cafe
    212 E52nd Street (by the 3rd Avenue)
    New York, NY 10022
    TEL (212) 371-7657

    Mamiko Taira (vocal)
    Tadataka “Tada” Unno (piano)

    $10 cover, $7 minimum


I have newly set up the “schedule” page on my blog. (Ah! finally!!)
You can check it clicking the top menu, “SCHEDULE.”
OR simply bookmark this page on your browser.

On the schedule page, you’ll see my updated August schedule as well as
few highlights of September and October schedule.


August 2010

In August, I have highlighed Thursday, August 19.
I have scheduled Toru and Yoshi on that day.
NB Lounge is normally a duo gig, but for Thursday, the 19th,
I decided to put 2 gents on the gig.
Why? This is my gesture to thoese who were exited to have
“Dodo Day” in the same week and unfortunately it has been postponed
due to the schedule conflict. Take this as my “apology” gift to you,
and “my little staycation” treat for me :)

Also, I have “Bass-Vocal Duo” day with Yoshi a week before.
Mark your calendar on Thursday, August 12.
It’s going to be fun.

Mondays are all looking good.
Who’s on all Mondays in August?
Yes. Tadataka is on.
What can I ask for more?


In September, Toru and I have a double bill gig with a wonderful unit called
“Go-Zee-Lah.” Go-Zee-Lah is a duo with Kyoko Kitamura and Yayoi Ikawa.
We will perform at 5C Cafe in downtown on Saturday, September 11.
The theme is Japanese songs, and as you guessed, we’ll do our own interpretation of them.
It’ll be a wonderful night, and I will make sure to inform you
for more detail when the date gets closer…

In October, I will be in Tokyo from Monday, October 18 through 30.
Boy, I am so excited to see you, the folks in Japan!
There are 3 gigs in Tokyo metro area, and I am sure you can make it at least one of them.
Please spread words to your friends!
Click “October 2010” to see when I will be at in which venue…
And I sincerely thank all of you who have helped me
and still are helping me out through giving insights,
making directive suggestions, and literally going through troubles with me!!
Also, I must say thank you for those who kindly agreed to have me play
at your venue and who will play with me on these gigs.
Without you, I am nothing. Really.
I sincerely thank you for your offers and generosity
(you know who I’m sending my love to!)


皆様、有意義な夏をお過ごしでしょうか?
今週は、New York Philharmonic: Concerts in the Parksのあった週で、
毎年行くというのがワタシ的夏、というわけで、両日行くつもりで計画していました。
が、初日は、みきちゃんとシンノスケ君のお天気予報に従って(!)
行くのを断念(でも、結局コンサートはあったのです。
きっとミキちゃんは悔しくて眠れなかったことでしょう!)。
翌日のコンサートは、あけみちゃんと決行。
見事に晴れ、花火も満喫、人も適度に混み、電話が通じないほどのパンク状態にはならず、
素敵な夜になりました。






最近、10月の日本がらみのブッキングやら、なにやらでバタバタしていたせいか、
完全に体内、脳内時計が狂っている今日この頃。
寝不足や肩こりが、まったく感じられないぐらい
ピークを通りこしてるという、なんとも頂けない状態。
でも、仕方ないというか、なんというか、慣れちゃったというか。

でも、とりあえず東京のギグ、3本、場所、メンバー、出揃って一安心。
もう、松岡ゆかりを一として、智さん、どどりん、雅威さん、
山川(父&娘)さん、池さん、もうリストし出したら止まらない!
それこそまだ巻き込んでる真っ最中なんですが、
朗君、めぐちゃん・淳君ご夫妻、がーっと巻き込み、
東へ足を向けて眠れない状況は続いております。
月初めに読んだ占いで、7月はワタシは人に沢山助けられると書いてあったのを思い出す。
うーん、むちゃくちゃ当たってるじゃないか!

皆様、色々と助けてくださって本当にどうもありがとうございます。
そして、快くワタシに日程を下さった各お店のオーナーの皆様、
仕事を引き受けてくださったミュージシャンの皆様、
本当にどうもありがとうございます。
一生懸命、心を込めて歌わせて頂きますので、
10月は、宜しくお願い致します。


さて、今日のラウンジ。
どどりんと一緒なのですが、彼はもうすぐSomiさんとのアフリカ・ツアーなので
ほぼ一ヶ月、ラウンジをお留守にするのです。
だから、今日は思う存分、どどりんサウンドを満喫致したく、、、
っていうか、寂しいよー。えーん。

彼のお留守の間は、ギターの高免くんと、ベースの脇さんがお相手してくださいます。
不束者ですが、宜しくお願い致します。
そう!ベースとデュオの第二弾ですよ、8月12日は。
(第一弾は、確かLangan’sで今年に春にジョセフにお相手して頂きました。)

8月の月曜日はストレートに雅威さんを予定していますし、なかなか8月は賑やか。
個人的には、8月12日と、多分19日、2週連続で浴衣、着ちゃおうかな♪
なんて思ってます。うふ。
(もちろん脚は開きません、というか開けません、どう考えても!>松岡さん)

問題なければ、19日の木曜は百々さん、脇さん、ワタシと3人で演奏できる予定です。
これは、延期になった百々徹の日(!)を期待していた皆様へのお詫び的意味合いで
ブッキング致しましたので、皆様、是非お誘い併せの上、ラウンジへお越しください。

はー、一気に書きましたよ、ええ、書きましたっ!!